あぐりのとびら -ぐりあぐ茶屋おハリ子STAFF日記-

ハリネズミのどんぐり♂&くぬぎ♀と静岡暮らし。

カテゴリ: 姉はさかなちゃん。

小さくてきれいでかわいいんだけど、
熱帯魚の寿命は短い。
もちろん、うちのエンゼルフィッシュのように、7年8年生きるものもいるし、
ポリプテルスなんて10年単位との話だし長いものもいる。

本栖湖で採ってきたヨシノボリは、寿命1年ということだったから
本当に1年で死んでしまった。
しかし、同時に採集したヌマチチブはまぁすごい食い意地が張っていて
ムチムチ元気に成長した。


ということでまだ元気だ。3年ぐらいは生きるようだ。

底ものは元気だしまだ若いけど、
上のものだったラミーノーズが亡くなってしまったので、
ひさびさのラビリンスもの→ブルーグラミーを入れてみたが、
さっそくメスを殺害しちゃいました、この方。



気性が荒すぎた…
ホームセンターで売られてた時にはまだおとなしそうな顔してたのに、
うちにきて餌を鬼のように食べたと思ったら柄も体系もムキッとして
あっという間にやっちまいました…

あぁ…(--;)

しばらくこの凶暴おぼっちゃんと一緒に暮らします・・・。



バタバタと鬼籍に入る魚が続きまして、
90センチ水槽には

吉備、金烏、玉兎、ふるべの4匹になってしまいまして。

割とふてぶてしいパルマス系はいいのですが
(4匹中3匹がこの系統)
デルヘッジの神経質を甘く見すぎていたようで、
残念ながら1匹落としてしまいました。

どうしても馴染めなかったですね。同種がいたとしても全く。

吉備と真備(共にデルヘッジ)を飼う時は、2匹同時に買って飼い始めたのが
きっと良かったんだと思います。
1匹だけじゃだめだな。。。と反省。

同様に、こやつらにおける「アルビノ」の含め方も
いろいろ考えさせられることもありましたね・・・ほんとにね・・・。

ただの熱帯魚じゃないのが古代魚にあたるヤツらなんで、
いろいろ考えていると時間ばかりが過ぎていってしまいます。

えぇ~さて。


ある日、ジャンボエンチョーに用事ができて、
お遣いがてら出向いていき、
ぶらぶらとペットコーナーに立ち寄ったんです。

先日まで1匹2000円のロングフィンセネガルスがいたんですけど、
どうせそんなもん誰も買わないだろうから売れ残ってたら引き取ろうと
思ってもいたんですね~。

それが、予想が外れて皆売れちゃってて。
で、そこにいたのがデルヘッジだったんです。
お値段も同じようなもんですし、
これもひとつめぐり合わせと思って
諸反省も含めて2匹買って来ました。



まだ赤ちゃんなので、よ~く見るとウーパールーパーのひらひら
みたいなのが見えます。



今はまだベビーBOXにいますが、
きびどん(でかくて黒いの)はうれしくってもうすでにこの調子です。
きびどんはなんだか知りませんけど、このとおり仲間大好き。
新入りには一番に挨拶にいきますねぇ。
なんだか知らないけど、よく新入りちゃんと寄り添っていたり…
脅してるのかな?と思えばそうではないことは相手側の様子を見ればわかります。

まだ赤ちゃんでどっちがどっちかわかりませんが、
とりあえず名前は「孔雀ちゃん」と「琥珀ちゃん」としました。
しっかし、性格は正反対なんでw1匹は化け物みたいに落ち着いてますけど、
もう1匹は暴れまくりのお調子者です(--;)
もう売り場で大暴れして1回床に落ちましたからね(笑)
お調子者が孔雀、落ち着いてるのが琥珀にします。

デルヘッジは、バンド模様が有名ですけど、
この子達はワイルドでなく、養殖物のようですから、
バンドというよりはタイガー柄っぽい感じで。



普通に餌も食べてるので、この調子で大きく成長して欲しいです。

それから、だいぶ前に購入したんですが、
今までほんっとーーーーーーーーーに引きこもりで、
全くといっていいほど姿を現さなかった
ストライプトーキングキャットのカペちゃん。

90センチ水槽に引っ越しました。

というのもだいぶ大きくなったからです。買ったときの3倍ぐらい。

移動する時に、ようやく「初鳴き」聞けました!!

ストライプ「トーキング」キャットの「トーキング」は「Talking」
ギギギギギギギ・ギギギギギギギ…と
鳴いてくれましたよw

ようやく撮影に成功した

噴き出して笑わずにはいられないカペちゃんの貴重なお顔

ご覧下さい。・・・・


 コ ン ニ チ ハ …

ε=(>ε<) プーッ!!っ

かわいい引きこもりカペちゃん、もっと大きくなっていいからね(笑)
種類は違いますが、何故かビュティコの金さんに気に入られて
一緒にいます…
震えるほど恐ろしい我が家のボス、金さまです…

朝早く起きて7時前には本栖湖に到着。



富士山もごらんのとおりの絶景~。



この方も、ご機嫌でお散歩。(陸上の部)


日が高くなってからは水中散歩も楽しまれましたよ。

しゃばば~ん…


レッツ・クイックターン♪


実はこのおかげかあぐさんの腹毛が復活してきました(滝汗)

水、冷たいのに。; ̄ロ ̄)!!


えぇ、簡単に説明しますと、アクアリウムとかなんとか【淡水魚】を飼ってる人の魚分野は、

1.熱帯魚(古代魚含む)

2.金魚(色つきの鯉含む)

3.日本淡水魚

の3つぐらいになると思うんです。
日本淡水魚の中に金魚を含めるのはちょっと違うような気がしますんで。

今回採集したのはρ( ̄∇ ̄o) コレ

ヨシノボリ。

とρ( ̄∇ ̄o) コレ

スジエビ

当然、自然のものなんで自然にいるのが一番良いんですが、
文字にして言い表せない思いがございまして連れて帰ってきました。

ですから、

それはもう、うちに来て良かったと思ってもらえるように(爆)

湖底を再現wwwww


痺れるわ。

ヨシノボリは、正面から見るとこんなに美しくてファンタスティックなんですわ。

かわゆっ。

で、もう1匹ヨシノボリと思って連れてきたのが実はヌマチチブであったという、
良くある「じっくり観察して図鑑で調べたら実はそうでした」を経験。


そして、一概にヌマエビって言っちゃいそうだったこれも

調べてみれば「スジエビ」といって、テナガエビ科。

もう自然下における行動を水槽の中でも始めてくれてるし、
餌食いも大変よろしくて一安心なんだか大興奮なんだか。

身近にありますよ、ものすごく小さくても極美の日本がね。

ゴールデンエンゼル・スリーアミーゴスを見送ってしばらく経つ。
水槽規模縮小…なんてのも、震災後だから仕方が無いななんて考えてたけど、
そういう考えは捨てた(笑)

好きだから、飼うぜ。

ということで、やっぱりエンゼルフィッシュの魅力にとりつかれて、

今度はペルーアルタムに挑戦することにした。

ペルーアルタムエンゼル Sサイズ

ペルーアルタムエンゼル Sサイズ
価格:858円(税込、送料別)



ペルーというと南米なので、南米っぽい名前にしようと思って考えていたんだが、

女囚701号から

「南米系の名前は危険だぞ!下手したら放送禁止用語になってしまう!
例)インカ帝国の初代の王様」

とのメッセージ。

例)をググッてみた。

なるほど!

で、まぁ危険な香りがするのもいいなぁとも思いつつ、
お願いした先がティアラさんなので、

T-ARAのメンバーの名前からでもいいなぁ

とかも考えたけど、

毎日魚に向かって

「おは、ウンジョン~」

って言うのも苦痛なので、
また他のを考えている(爆)

というわけで、注文して早々

【大変申し訳ございませんが、只今出荷不能の状態となりまして…】

っていうメールが来たが(えっ?)


我が家に来るのはもう少し先だけど楽しみに待つこととするー。

このページのトップヘ